目の下のクマを治療する術【タイプに合わせた治療が必要】|Beautiful Shaping

目元のクマに悩む前に

なかなかとれない目元のクマに悩んでいるなら、まずはクマができる原因やその種類について知っておきましょう。そうすることで改善方法や治療法が見えてきますよ。

目元にできるクマについてのQ&A

そもそもなぜ目の下にクマができるんですか?

目元にできるクマには大きく分けて3つのタイプがあります。1つが血行不良が原因でできる青クマです。血流が悪くなる原因としては、ストレスや目の疲労、睡眠不足や冷え症などが考えられます。2つ目がメラニンの色素沈着による茶クマです。原因としてはアイメイクを落とす際にこすったり、乾燥やかゆみでこすってしまうクセがある場合などにできやすくなります。3つ目が加齢などにより、下まぶたにたるみや脂肪ができて膨らむことでできる黒クマです。原因としては脂肪の下にできる影が黒クマの正体となります。特に目が大きい人や下まぶたの脂肪が多い人にできやすくなります。

黒クマは治療することはできますか?

黒クマに関してはクリニックでの治療が可能です。原因が下まぶたの脂肪の膨らみによるものであれば、脂肪や皮膚を切除して平らにすることでたるみや黒クマの原因となる影をなくすことができます。

青クマは改善できますか?

青クマができる主な原因は血行不良なので、適度な運動やバランスのとれた食事を心がけることで改善する方法もあります。

女性の目元

目元が若返る

目の下のクマは見た目の年齢を引き上げる要因のひとつです。コンシーラーなどでカバーしきれない場合もあり、悩んでいる方も多いでしょう。目の下のクマは原因によって種類があり、色素沈着が原因の茶クマや加齢によるたるみが原因の黒クマ、血行不良が原因の青クマなどがあります。生活習慣を改めたり、アイクリームを使用したりすることで改善することもできますが、即効性はなく、地道にケアを続ける必要があります。美容整形クリニックでは目の下のクマを改善する治療を行っており、角質層や細胞に働きかける根本的な治療もあるので、クマの解消に高い効果があります。クマの種類によってレーザー治療やヒアルロン酸注入治療、目の下の皮下脂肪を除去する治療などがあり、肌の状態を見て組み合わせて治療を行います。持続効果の高い治療法もあり、肌質も改善できるので、若々しい目元を手に入れることができます。

クマの原因で治療を選択

美容クリニックで行われている目の下のクマを改善する治療法は、メラニン色素に作用するレーザー治療や、ヒアルロン酸や脂肪を注入することで目の下の影をなくす治療法など、さまざまな種類があります。加齢が原因のクマは目の下にある眼窩脂肪が出てくることで起こります。この眼窩脂肪を取り出すことでクマを改善する治療法もあり、レーザーで治療を行うためダウンタイムが少ないというメリットがあります。目の下のクマはひとつの要因だけではなく、いくつかの要因が重なって生じる場合もあります。さまざまな種類のクマに対応できるPRP皮膚再生療法という治療法もあり、クマだけでなく小じわやたるみの改善にも効果があると注目されています。自分の血液から抽出した血小板を利用することで、細胞やコラーゲンの再生を促進させ、肌を若返らせる効果があります。その他にも美白効果のある外用薬を使用して、皮膚の再生を促し目の下のクマを改善する治療法もあります。

広告募集中